スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金沢八景、海のプランクトン 

4月4日、八景島近くの海の公園で採水したものを顕微鏡で覗いてみた。
場所は海に向かって右側端、貝殻がたくさんあるあたり。
120404_21.jpg
ヨコエビのなかま。
おもしろいほど大量にいた。採水した中にも多数混入し、より分けて保管中。
120404_22.jpg
珪藻。
セボネケイソウ?
120404_23.jpg
珪藻?
120404_27.jpg
放散虫のなかまかと思ったけれど、放射状に延びたモノがやわらかそうだ。
つまり何だかわからない。カバーグラスをかけているのでつぶれている姿かもしれない。
120404_24.jpg
中央のまるっこいやつ、繊毛虫のなかまだと思われる。
写真でいう上部に繊毛が何本がついていた。どっかでみたことがあるが何者か不明。
チョコチョコ動きまわるのでボケてしまった。
今回、一番多くいたプランクトンだ。
120404_25.jpg
直径1mm程度の白い球体。何かの卵かと思って顕微鏡で覗くと、球体の中に何かいる。
10ヶほど入っていたが3ヶは中に何かいる感じだった。小さなプランクトンがつついたり、割れたようなところから内部に侵入しているのも数個。
いったい君はなんなんだい?
120404_26.jpg
今回採水したのは約500ml。江ノ島に比べプランクトンの数は多いが、種類は少ない。
そしてなんといってもヨコエビと上述の繊毛虫のなかまの数の多さが気になった。
内海か外洋に面しているかの違いなのか、採取した場所が砂浜か海藻や貝殻の多い所の違いなのか。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2674-bd177492

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。