スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶよぶよしたもの 

久しぶりのポタリング。
国立天文台からの帰り電通大の脇を多摩川へと向かう歩道を走っていると、右の視野に入った切り株に何やら気になるモノが見えた。

しばらく走ってからやはり気になったので引き返すとそこにはこんなものが…。
120418_01_0415.jpg

さらにアップしてみた。
120418_02_0415.jpg
ツイッターではコケや地衣類など、いつも投げているので今回も投げてみた。
すると@iccharagokeさんと@Takashirouzuがいろいろ推測してくれました。

まず菌類、キクラゲのなかまのようであること。
その中でも、タマキクラゲ(やや乾燥状態)にみえること。
ただ地衣類でも菌類でも道路わきのこのような環境に現れるのはめずらしいこと。

ということのようです。

タマキクラゲを検索してみると、広葉樹の枯れ木を好むようです。
さらに中はゼラチン質で食用も可(ただ無味無臭)なのだそうですが、これはどうなんでしょうね。

狭い歩道でよく目立ちましたが誰からも相手にされていないようでした。
気づけば除去されてしまいそうですが…。
なかなかおもしろいですね。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2682-df947a6a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。