スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テントウムシの季節 

今年のゴールデンウィークは天候が悪く(さらに体調不良もあって)、写真撮影したのは軽い頭痛だった29日のみ。鶴見川散策で多く見かけたのは、たくさんのシロツメクサとアカツメクサでした。
120503_01_0429.jpg
これらはよく見るとアブラムシがたくさんついている。
そしてそれを餌にする怪しげな虫…テントウムシの幼虫です。ナナホシテントウですかね。
120503_02_0429.jpg
もうこれがあちこちにおりまして、さらにはサナギも点在。
こんな目立つところにいていいのかなって思います。

そうそう、ヘンな虫、害虫じゃない?とかで駆除しないでくださいね(^^;;
成虫もちらほら見かけました。
120503_03_0429.jpg
サナギも茎から折って家で羽化を観察してもおもしろいかもです。
幼虫からだと活きのいいアブラムシを与えなければなりませんけれど。

羽化するまでタイムラプス撮影とか…何日かかるのだろう。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2690-a10c243b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。