スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綱島サブセンターでクマムシ観察 

一時閉鎖された綱島サブセンター。
5月から毎週土曜日に開館することになったそうです。よかった、よかった。
120505_31a.jpg
さっそく遊びに行ってみました。
顕微鏡写真をプリントしていないので、PCを持ってやってくるお子さんにミドリムシの動画を見せてあげるなど。

今はやりのミドリムシクッキーとかミドリムシラーメンとかの原料。
身体の中に見える緑の粒々が葉緑素で光の力で養分をつくるんだよ。
とか、解説。

スタッフさんはクマムシを顕微鏡で見せてあげようと、近くのツブダイダイゴケを採取し水をつけ待つことしばし。覗いてみるともぞもぞしているクマムシを見つけました。いつもながら見つけるのがうまいスタッフさんです。

写真を撮りたいというのでコリメート法(接眼レンズにコンデジのレンズを押しつける方法)で撮影するも、動きが早いからどうしてもきれいに撮れない。

うごく微生物は動画の方がいいかもね、ということで動画撮影。
固定ステージのためスタッフさんがカメラのモニタを見ながらスライドガラスを動かす。
匝はカメラをうまく押しつけながらピントを合わせるため顕微鏡のステージを上下に動かす。

それがこの動画です。


なかなかきれいでしょ。コリメートだとこんなにきれいに映るんですねぇ。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2694-e69143df

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。