スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テントウムシの季節 

ゴールデンウィークにたくさんいたテントウムシの幼虫は、その後、サナギになって成虫になったようだ。やたらテントウムシを見かけた。
120516_01_0513.jpg
多くはナナホシテントウだが、中には赤くなく黄色いのがいる。
この黄色いテントウムシは手に乗せても上に向わず、また飛ぶこともない。まだ羽化して間もないのかもしれない。
120516_02_0513.jpg
サナギのあった場所は脱ぎ散らかされた皮のみが残っていた。
今頃アブラムシをモリモリ食べているに違いない…そういえば幼虫時代もモリモリ食べていたっけな。

そんなわけでテントウムシも第二世代になろうとしているようだ。
120516_03_0513.jpg
テントウムシを追いかけて写真を撮っていた13日。
撮った写真を整理していて気づいたのは次の写真。
産卵していたんだ。人間の目はみているようで見ていない。観察眼がまだまだ未熟ってことだと反省。気づいていれば動画に撮れたし、もっと観察して興味深い発見があったかもしれないのに…。
120516_04_0513.jpg
綱島バリケン島。子供がモンシロチョウを追っていた。匝はテントウムシを探していた。どちらにも相手にされていなかったベニシジミ。悠々自適にシロツメクサの蜜を吸っていた。
120516_05_0513.jpg



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2707-2c1004da

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。