スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磯の花たち 

6月2日の磯歩き。あちこちで花も咲いていました。
時間もなかったので撮影したのはその一部だけ。

まずは宮川湾に下る道で群生していた桃色の大きな花。
120604_01_0602.jpg
Twitterで教えてもらいました。
「ヒルザキツキミソウ」というのだそうです。

飛び出したメシベがアンテナのようで特徴的な形です。
またみる機会があったら花粉を撮って顕微鏡で見たいと思わせるくらい、てんこ盛りのオシベですね。
120604_02_0602.jpg
ところどころ岩などに乗っかるように生えていた白い花をつける植物。
名前はわかりません。
120604_03_0602.jpg
こちらはハマダイコン。浜辺などに群生していたけれど波しぶきや風によく耐えられるものだ。
アブラナのように種をつける。ダイコンのように根が食べられるかというと固くて食用には適さないようだ。
120604_04_0602.jpg
スズメノエンドウに似た形の黄色い花。ミヤコグサらしい。黄色から赤に変わればニシミヤコグサのようだ。
剣崎下近くの海岸に生えていた。
120604_05_0602.jpg
花ではないが松ぼっくりに似たものを発見。
どこかでみたことがあるが、なんだかわからない。
わずかに葉があったが、広葉樹だった。
120604_06_0602.jpg
わからない植物はまたいずれ調べてみよう。もともと植物には関心があまりないので図鑑すらないのだ。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2727-406113aa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。