FC2ブログ

沖縄地ビール「ニヘデビール」 

nihede.jpg

沖縄でビールというと“オリオンビール”を思い浮かべる。人によっては地ビールと思っている人もいるだろう。オリオンは飲もうと思えば飲めるし、買うこともできる。
ま、現地に行ったり通販じゃないと買えないっていうのが匝的地ビールの定義。

さて今回は沖縄旅行で買ってきた“ニヘデビール”。ビールに同梱されていたチラシによるとニヘデビールのネーミングは、沖縄の方言で「ありがとう」を「にふぇーでーびる」というところからつけたんだそうだ。語尾の“びる”を“ビール”にかけているので「ありがとうビール」ではなく「ありがとう」というネーミングになるってことだね。

種類は琥珀色のソフトタイプと赤褐色のハードタイプのふたつ。
現地で飲む時にどちらがいいか聞かれて…
「どちらがいいかって飲んで見なきゃ分からんよ」というと少しずつ(プラコップ1/5くらい)ふたつとも試飲させてくれた。その後、お金を払って1杯いただく。ついでに会社の呑んべチームに送ったのだ。

無濾過でまじりっけなしの本当のビール。度数は5%。水は沖縄の水だろうからやや硬水かもしれない。味的にはこれといった感想はないな。ただ賞味期限が瓶で2ヶ月であり要冷蔵商品だ。しばし常温にしたので味が変わったかな。

うーん、普通の地ビール。匝的には「まっ、こんなもんか」ってな感じでした。そうそう差し上げた方々の感想を聞かねばなりませんね。

スポンサーサイト



コメント

月曜日に朝来れば分かると思うが
金曜は汗水たらしてはたらいたよ~

沖縄は基本的に雨水なので
水のおいしさが重要な種類には
厳しいかもね|
でも泡盛りは飲みやすい
アサヒビールが好きな人が
富山工場のを買うなんて聞いたことがあるよ~
夜光貝とアワビとかの殻は
集魚効果が当然あって
昔から良く使われてますね
この辺はいまだに
化学の力が勝てない
まじめに研究してないだけの
気もするが・・・・

やっぱり仕事、押せ押せでしたか。
一昨日は天気もよくなかったので改めて余裕のある日に気晴らしがてら寄ってください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/274-572a49cd