FC2ブログ

綱島周波数変換変電所 

運動不足でもあるので散歩でもするかと思ったのだが、目的もなく歩くのが苦手なのでご近所に何かめずらしいものがないか調べてみた。

すると、東海道新幹線用のJR東海綱島周波数変換変電所があることがわかった。別段、中に入って見学ができるというわけではないが、その場に行ってみたっていうのが重要。というわけで、個人的イベント“綱島周波数変換変電所”へレッツラゴー。
henden1.jpg

日本の電力は東西で周波数が違う。東は50Hzで西が60Hz。そしてその境が東海道では富士川になる。東海道新幹線は長い距離を60Hzの区間が占めるため、東側の50Hz地域の電力をどうするか考えた結果、50Hzを60Hzにする設備を東側に設置して電力供給すればいいじゃんということになったらしい。車両に変換装置つけるにはコストとか重量が問題になったようだ。
henden2.jpg

そして綱島と西相模に周波数を変換する設備を設置。その後浜松町にもでき、日経新聞によると今後は沼津にもできるのだそうだ。ちなみに西相模の設備は小田原の会社の近くじゃないか。

ところでに変換の仕方は原理的にはローテク。50Hzで動く電動機(モータ)をガンガン回し、軸に直結した60Hzの発電機で発電するもの。なんか騒音や電力のロスが多そうですね(メカ部があるので磨耗などしやすいだろうな)。

最新の設備では半導体を使って50Hzを整流し、さらにインバータで60Hzに変換するのだそうだ。これはこれで高電圧高電流をよくできるものだと感心。
henden3.jpg

ちなみに隣の↑は東京電力の変電所。この界隈は高圧線だらけです。

スポンサーサイト



コメント

自分も綱島東5に住んでます。

確認したら変電所はまるごと6丁目だったんですね

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/275-47b0f26b