スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の鶴見川のミジンコ 

7月8日、鶴見川とミジンコ容器の微生物観察。

まずはマイ・ミジンコ容器のミジンコ。
4月29日に採水したまま、水換えすることなくベランダに放置していたのですが、一時減ったミジンコの勢いが盛り返してきました。
120711_01_0708.jpg
容器内には珪藻も少なく、いったい何を食べているのかわかりません。
でも動画撮影中にうんこしていますから、食べるものはあるようです。


久しぶりに鶴見川で採水。川といっても綱島バリケン島付近にある水たまりですけどね。
まずはミジンコが卵を抱えていました。
120711_02_0708.jpg
写真が不鮮明ですが、マルミジンコの仲間だと思います。
始めて出会いました。
120711_03_0708.jpg
最初見た時、ダニかと思ったこの微生物。
どこかでみたことのある赤い点があるなぁと思ったら、どうやらケンミジンコの幼生のようです。
120711_04_0708.jpg
親に負けない俊敏な動き。でも同じところをグルグルしているだけのような…
上述のミジンコと違い、かわいげは感じられない…。



さて、ミジンコ容器は珪藻類は少なくなっていましたが、藻類は若干いました。
これはクンショウモ。
120711_05_0708.jpg
微生物はおもしろい!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2757-2b1720ce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。