スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月15日未明に星たちが集った 

昨日、ブログに書いた月、木星と金星、アルデバランとスバルが空の一角に集まって見える記事
眠らずの朝まで頑張りました。

しかし予定していた午前3時過ぎは月齢25の月が雲を通してぼんやりみえるくらい。
その後も時折眺めましたが雲に阻まれて諦めていました。

いよいよ眠るかと窓から外を見ると木星と金星が見える!
3時50分、慌ててカメラと三脚を持ち撮影のため外へ。

ようやく撮りました。(写真はクリックすると大きくなります)
120715_01.jpg
三日月のような月の左下に木星。木星の下に明るく輝くのは金星。
4時、すでに天文薄明がはじまり、まもなく日の出時間になります。

薄明の明るさともやのかかった空のため、アルデバランを始めとする恒星は見ることができませんでした。
120715_02.jpg
撮影の終わりには北東の空が明るくなるところを撮影。
だんだんと意外と早く明るくなるものです。

残念だったのは、13時からは木星が月の後ろに隠れる木星食も観察できるはずでしたが雲が多くてダメでした。

でも、朝4時頃の月と木星が13時には同じ場所になるなんて、その位置の変化の早さに少し驚きませんか。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2759-ae0e06a0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。