スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑のダイダイゴケ 

駐車場や敷地を囲うブロック塀。ところどころ橙色にブツブツと見かけるのは地衣類のツブダイダイゴケのなかまだ。コケとついているけれど、コケ(蘚苔類)ではなく地衣類。
120911_01_0908.jpg
久しぶりの雨で植物たちも青々とした日。
ツブダイダイゴケもなんとなく緑色に見える。
120911_02_0907.jpg
地衣類はひとつの生物ではなく、菌類と藻類のふたつが共生している。
日差しの強いブロック塀の上で耐えながら、ひとたび雨が降れば水を吸収して藻類が光合成をはじめる。光合成でできた材料で菌類が身体をつくり藻類を囲って守る。と、いうような働きであろうか。

ダイダイゴケの色合いは藻類の種類によって違うようだ。

あちこちツブダイダイゴケを見かける。ものすごくあちこちにあるのだが、気にしないと存在に気付かないのもおもしろい。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2788-d9f27fbb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。