スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コケトリップ展! 

苔の森にひっそり立つ匝さん。
下北沢の個展「コケトリップ展」に行ってきました。
121014_01.jpg

苔の世界にいざなった本「こけはともだち」の著者である藤井さんとそのお仲間(コケ写真家)の吉田さんによる苔創作展。科学的視点とはまた違う視点で創作物や来客者の反応がみられたことは大変勉強になりました。

苔に埋もれる式神(おいおい)。
さらに大きなスナゴケ・エリアでは来訪者さんは自分の名前を書いてコケの間に立たせていました。
121014_02.jpg

個人的に「すてき!」と思ったのが、うずらの卵の殻を使ったコケ・インテリア。
鶏卵でもいいのでしょうが、うずら模様がカワイイ!断然、おすすめです。
(この写真を撮る時にデジイチ+マクロレンズを持ってくれば…と後悔)
121014_03.jpg

片側の壁にはたくさんのボタンがつけられていました。

お気に入りはこのコケの花ともいえる蒴(胞子嚢)付のボタン。
なんともかわいらしい。
121014_04.jpg

この苔類ボタン(コケは全体で蘚苔類というが、ゼニゴケのようにベタッとしているのが苔類(たいるい))が色も形も変わらずにそのままというのが実に興味深かった。
自分で採取した時、家に帰って見たらまるで違うほど状態が変わっていたのに…なぜ、こんなにきれいになるのだろう。今後の課題だ。
121014_05.jpg

藤井さんのスケッチ!
すっごいきれい。生スケッチですよ。ちょっと感動して眺めてました。
スケッチも数をこなせばきれいにできるのかな。写真よりもスケッチの方が細かいところをその場でわかるので観察にはもってこいなのですが、無精で写真ばかりです。
121014_06.jpg

コケの装いのマイメロちゃん。
コケの写真立てや万華鏡も。
121014_07.jpg

コケをまとった万華鏡を覗くと中にもコケが!この発想はなかったぞ!!
121014_08.jpg

もうここまでくると自分もコケ創作してみたいなって感じにさせられる。
いやいやコケだけでなく、身の回りの自然を使ってもっともっといろいろできそうだぞ。
そんな気にさせられます。
121014_09.jpg

顕微鏡好きな匝さん。置いてあった顕微鏡でいくつかコケをみてみた。
たぶんカビコケ。カバーグラスが外れていた場所でみつかるとは思わなかった。
誰かがはずしちゃったのかな。

コケもちゃんと標本にするとおもしろそうだ。
121014_10.jpg

いやぁ、本当に楽しいひとときでした。
最終日に行きましたが、大盛況でお別れのご挨拶ができなかったのが申し訳なかったです。
またやってほしいな。

開催の詳細
ひみつの部屋でコケトリップ展

私はこの本でコケの世界に入ってしまいました…(^^;;

コケはともだちコケはともだち
藤井 久子 秋山 弘之

リトル・モア 2011-05-23
売り上げランキング : 13833

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2809-54d56952

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。