FC2ブログ

お魚の知覚力 

そういえばうふふな人は釣り好きで、夜光貝のコメントをいただいたのでちょこっとメモ。

どうやら(海の)魚は、視覚、聴覚、嗅覚(味覚)に優れているらしい。

海中(水)は青よりも低い周波数の光を吸収するので、赤とか黄色とかの色が実は映えない。しかし魚によって認識できる色彩にばらつきがあるようだから、ターゲットとなる魚に合わせて疑似餌などの色を決める必要があるのだろう。

光に集まる習性も、結局は青色(含紫外線)が遠くまで届くので他の色のランプよりも青い方が魚を集めることができる。

では、なんで夜光貝のルアーとかがよいのか…。ちらちら青光を反射してオキアミとかの燐光と間違えるのだろうか?どうかな、あやしい。

怪しいと言えば、水中から上を見ると屈折率の問題から真上周辺しか外の世界をみることができない。ただこれまた屈折率の問題で真上周辺の水面しか見えなくても、空気中で大きく屈折して広がるため真上の狭い領域で空気中の広い範囲が見通すことができるらしい。

実際に水中カメラかなんかで写真を撮ってみればいいんだな。

でも魚が地上の人をみつけることができるだろうか。波で水面が安定していないのだから。
どちらかというと振動(聴覚や側線)の方で知覚しているんじゃなかろうか。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/281-f9df28a3