スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暖かい空気、冷たい空気 

10月下旬、東日本では荒れ模様の日となりました。
寒冷前線が通過したのです。

寒冷前線とは、冷たい空気がどんどん流れ込んでくる最先端の部分。
暖かい湿った空気を押しのけつつやってくると、その境では急激に雲が発達して強い雨風が伴います。
121107_03.jpg

2012年10月28日21時の実況天気図を見ると、北海道と関西の低気圧を結ぶ日本海側にかけて寒冷前線が東へと向かっているところです。
121107_01_102821.jpg

10月29日18時には寒冷前線は消えていますが関西にあった低気圧は関東東方沖に移動しています。この二つの低気圧は気圧の谷になっています。
121107_02_102918.jpg

以上の気圧配置を頭に入れて、気象衛星の水蒸気画像をみると寒冷前線(冷たい空気)がどんどん東に向かい、その境界では発達した雲が断層状になっているのがわかります。

画像データ:気象庁衛星画像水蒸気 2012年10月28日22:00~30日17:30


断層状に並んだ雲の左側はすっかり水分が抜けたのかクリアな(乾燥した)状態のようですね。

出典:実況天気図、衛星画像共に気象庁


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2825-81915831

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。