スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テセレーションデザイン サイエンス・アゴラ 

十二支の動物たちを組み合わせるパズル…いやいや組み合わせ次第では延々と平面を埋めていくことができる。テセレーション(この場合、平面充填)と呼ばれる図形だ。

画家のエッシャーも描いていますね。
121113_01_1111.jpg

身近なところだとカーテンの模様とかコンピュータの壁紙なんかでも繰り返し模様で使われたりしている。

平面だけでなく、立体でも可能。この場合は「空間充填」と呼ばれる。

さて、これらはあるルールとパターンを理解できれば誰でも描くことができる。
例えば三角形や四角形、六角形などは平面上に敷き詰めることができる。これらの図形を四角形なら傾けて菱形にしたり三角形なら複数を組み合わせたり、一部変形させて動物など好きな図形に当てはめることで、まずはお手軽に描けると思う。
121113_02_1111.jpg

より複雑な図形は難しいかもしれませんが、簡単なものでも楽しい年賀状のできると思いますよ。

サイエンス・アゴラで出展していた日本テセレーションデザイン協会さんは、そんなテセレーション・デザインを愛する方々の作品が実際に触れて楽しめました。

結構、大人も子供もはまってしまうのです。

藤田伸オフィシャルサイト
http://www.shinfujita.com/

日本テセレーションデザイン協会
http://tessellation.circle.ne.jp/newhp/index.html

wikipedia:空間充填

wikipedia:テッセレーション



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2839-c804d4c5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。