スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼニゴケが医薬品に!?石川県産の薬になるか 

ゼニゴケには「プロスタグランジン」という成分があるそうだ。
このプロスタグランジには、動脈硬化や血栓の予防、分娩促進剤、目薬に配合されていると北国新聞に書いてあった。プロスタグランジンを調べると何やら難しいことがたくさん見つけることができたが、身体のさまざまな生理機能を調整する物質であるようだ。

このプロスタグランジンの元となる成分(油脂)がゼニゴケには多く含まれ、より多くできるよう改良したスーパーゼニゴケを植物工場で大量生産できる見通しとなったようだ。
121128_01_0507.jpg


ゼニゴケは観察好きにはいいコケだが、一般には日影でたくさんベタッとしている姿は大変嫌われる。さらに除草剤をまくとどんどん増えるやっかいもの。これが医薬品の原料になるのだ。

ここに至るまでの役割も興味深い。

ゼニゴケの研究とスーパーゼニゴケを作った、石川県立大学(大山客員教授)
ゼニゴケを連続して栽培する方法を開発した、株式会社総合園芸
ゼニゴケ用の植物工場を開発した、北陸電力
ゼニゴケを搾汁し、そこから総油脂を抽出する方法を開発した、株式会社アクトリー
ゼニゴケの総油脂からプロスタグランジンの元となる成分の分析・分離、製品化を開発した小太郎漢方製薬

一連の流れが各企業の分業で成り立ち、ひとつの薬が量産できている。このひとつでも実現できなければ医薬品として世にでるのはむずかしかっただろう。共同開発がうまくいった例となりそう。

記事中、ゼニゴケの二酸化炭素吸収率も高いようで、エコでもあるようだ。

プロスタグランジンを合成するよりも、ゼニゴケから抽出するほうが安価となる見込みだそうで、大量生産の確立と医薬品認可が待たれます。石川県の一つの産業になるかしら。


北国新聞:「庭の嫌われ者」薬に ゼニゴケで高血圧予防
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20120410102.htm

農研機構:エイコサノイド生産スーパーゼニゴケ植物工場システムの開発
http://www.naro.affrc.go.jp/brain/ibunya/files/h23019seika019.pdf


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2843-0cb2679e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。