スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巻戻し再生工法? テコレップシステム 

フェースブックで赤坂プリンスホテルの解体についての投稿を読む。
高層ビルの解体工法でテコレップシステムというのがあって、建設とは逆再生するがの如く、上から順に解体…というか縮むように低くなっていくのだそうだ。そのため日本語では「巻戻し再生工法」というのだろう。大成建設の技術。

Youtubeに動画もアップしている方がいた。


大成建設の資料によると、屋上部はそのまま使ったテコレップシステムという解体スペースを最上階に作ります。
動画で最上階付近が少しでっぱっているのが解体スペースの覆いだと思います。
この中で壁や床を解体し、内部にある昇降クレーンで下に降ろします。解体が進むたびに屋上部と覆いを支える支柱の油圧ジャッキを下げていく。

つまり外からは解体工事をしているのかどうか、遠目からはまったくわからない。かろうじて1階付近で作業しているのを見て分かるかなって感じなのでしょうか。

しかしこの支柱はどうなっているのだろう。


大成建設:テコレップシステム概要図(PDF:1100KB)
http://www.taisei.co.jp/MungoBlobs/421/124/2010022301.pdf

日経新聞:消える「赤プリ」静かな解体工事(動画)
http://www.nikkei.com/video/?bclid=67379774001&bctid=349809857002&scrl=1&t=1


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2870-fbf797b8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。