スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二子玉川駅の転落防止対策 

1月14日、二子玉川駅に固定柵ができていた。大井町線下りホームの全域と田園都市線下りホームの一部。
(下の写真は大井町線上りホーム)
20130115_01_0114.jpg

上りホームには設けられていないが今後つくのかな。
(下の写真は田園都市線下りホーム)
20130115_02_0114.jpg

田園都市線下りホームには転落報知器が設置されていた。
この動作原理がわからないが、ワイヤーがたわみ端にある装置がひっぱられると転落報知されるのだろうか。
20130115_03_0114.jpg

田園都市線下りホームの一部は車両とホームの間が広く開いている。
以前、電車に乗ろうとした男性が踏み外して上半身だけ出して落ちたことがある。
みんなで救い出したあと駅員が代わる代わるやってきて安全を確認していたが、そんなに本人や周りに度々聞いていたら恥ずかしいだろうに、と思ったこともあった。
20130115_04_0114.jpg

そして先日、13日。
前に並んでいた親子連れのお子さんが目の前から消えた!
お母さんが手をしっかりつないでいたためホームと電車の間で宙吊りになって転落することはなかったがまったく危ない。
お母さんが叫び声を上げ、車内で座席についたあとも涙目でお子さんを叱っていた。お子さんは気まずそうにしていたが…


本当、みなさん足下はよく見て気をつけてくださいね。


東急電鉄:輸送の安全の確保のための取り組み
http://www.tokyu.co.jp/csr/tkk_anzen/anzen_report_5_2.html

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2897-eeb16a06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。