スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残されたアカヒレたち 

匝が会社不在の日。女性社員が雪に埋もれた後のビオトープをきれいにしてくれた悲劇が…

そんな翌日、ベランダ・ビオトープの水面は薄く氷が張っていました。
20130118_01.jpg

さて悲劇とは何か。
トロ舟の中は雪と水とが混じった状態で、雪の落下の衝撃で鉢や流木が斜めになったりと乱雑になっていた。
それを元の位置にしゴミを片付けていた女性社員が、底で動かなくなったアカヒレたちを除去した。

死んでいたと思ったのだねぇ…

10匹ほど捨ててしまったらしい。それ冷たすぎて仮死状態ですから(TT)
翌日、わずかに水がゆるんだ時に、コケの合間から3匹のアカヒレが弱々しく泳いできた。
よかった、3匹は生きていて!(というか見つからずに!)
20130118_02.jpg

氷の張った日、コケのあたりから差し水を与える。
すると隠れていたアカヒレがふわっと流れ出てきた。しばらくすると弱々しくコケの中へと戻っていく。
まだ水は冷たいからね。凍っているんだから。

春が待ち遠しい。捨てられた10匹の悲劇は忘れない。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2901-97f281c7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。