スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペンギンが魚やオキアミを捕らえる決定的瞬間 

昨日1月22日、極地研からペンギンの獲物を捕らえる研究の発表があった。
米国科学アカデミー紀要に掲載を待っての発表だったようだ。



既に動物の行動を記録する方法はバイオロギング技術が実践されている。

最近ではカメラのデジタル化、小型化の技術革新はすさまじく動物に直接取り付けて撮影することもできるが、動物が邪魔にしない小型化をすると電池やメモリの容量に制限がでてきてしまう。そうなると記録時間が短くなる。

代わりに餌を採る際の身体の動き、たとえばペンギンなら頭を急に動かす時の加速度を記録することで餌を採る回数などを記録する方法はありますが、長時間記録ができるけれど本当に餌を採っていたのかはわかりません。

今回の研究では、記録計とビデオカメラの二つをペンギンに取り付け、記録計での記録は本当に餌を採っていたのか、という検証も行ったのだろうと思います。発表文を読んでもいまひとつわからないんですよね…

それにしても動画をみるとペンギンが魚やオキアミを捕らえるのが素早いですね。

記録計でのタイミングで動画撮影をしたら必要な部分だけ記録し、どんなものを捕らえて食べているのか多くの記録が取れそうです。

温暖化による影響は南極の生態系へも影響を与えているそうです。特に氷の下に生える藻の周りはオキアミや魚が泳ぎ、サンゴ礁のような生態系があります。氷がなくなることでその小さな生態系がなくなり、ペンギンの餌となる魚やオキアミはどこへいってしまうのでしょう。そんな研究にも役立つのかな。


匝ブログ:サイエンスカフェ「バイオロギング~「ペンギン目線」の動物行動学」
http://eniguma.blog85.fc2.com/blog-entry-2720.html

匝ブログ:動物の事は動物に聞いてみよう
http://eniguma.blog85.fc2.com/blog-entry-2638.html


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2905-6333008c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。