スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色弱とお札の色 ユニバーサルデザイン 

ユニバーサルデザイン、wikipdiaによれば『文化・言語・国籍の違い、老若男女といった差異、障害・能力の如何を問わずに利用することができる施設・製品・情報の設計(デザイン)をいう』とある。

そんな中、色弱の方がお札が見分けられないというのを見かけた。
千円札と五千円札の色の見分けがつかないというもの。札入れから千円を出す時にペラペラっと青っぽい千円札を抜いて渡すことが多いと思う。これが赤緑色覚異常の方だと同じ色に見えてしまい、抜いたら五千円札だったということがあるそうだ。

この赤緑色覚異常は、日本人男性の22人に1人、女性では600人に1人の割合でいる。クラスの男子ひとりくらいはいる計算か。

ではどのようにみえるのか、シミュレーションサイトで変換してみた。
20130219_02.jpg
画像:日本銀行(クリックすると少し大きくなります)

左はオリジナル画像。右が2型色覚のシミュレーション。

赤緑色覚異常は、赤に反応する細胞または緑に反応する細胞が機能不全の状態だ。なので赤または緑の色合いが抜けて全体的に黄色っぽい感じになるようだ(3色見える人も多分、人により見え方が違う)。

ユニバーサルデザインでは、色弱の方であっても見分けがつくようなデザインが求められる。地図の色が区別できないと間違ってしまったり、注意書きが緑の地に赤で書いてあると赤緑色覚異常の方が見づらいか見えない。

それなのでシミュレーションすることで事前にある程度、見分けがつくようにデザインを確認することが求められる場面がある。

一部の有料ソフトはこの色覚シミュレートができるものがあるらしい。
ネット上でもシミュレートサイトがある。上図はそのサイトを利用したもの。

Web上で色盲の見え方のシミュレーションをする(Vischeck)
http://teleradiology.jp/MRI/04_tips/Vischeck/index.html

上のリンクはVischeckというシミュレートサイトを紹介した日本語説明サイト。


下のリンクが本家。

Vischeck
http://www.vischeck.com/vischeck/vischeckImage.php

勘違いしてほしくないのはシミュレータの結果がすべての色弱の方の状態ではないこと。色合いは人それぞれ。健常者も比較はできないが色合いが違って見えていると思われる。

健常者がシミュレータによって見分けがつかないとしても、生まれつき色弱の世界にいる方たちは濃淡などで見分けをつけていることも多い(ある意味の慣れ)。ユニバーサルデザインではそういうところも考慮するのかもしれない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2918-57bfe53a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。