スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逗子の路面避難表示 

昨日(4/13)は逗子に行ってきた。
はじめて逗子海岸に向かう道で路面に津波避難ビルを示した表示があることに気付いた。

20130414_02_0413.jpg

この表示は夜間でも蛍光塗料により光るそうで、停電などで街が真っ暗になっても見える工夫がされてるそうだ。
報道と逗子市によれば2012年度は逗子海岸と小坪海岸で32か所、5年で市内約200ヶ所に設置される予定。

20130414_01_0413.jpg

相模湾や駿河湾など近海での地震により津波がやってくると、逗子は山に囲まれた入り江のようになっているため波は市街奥まで進入する。ハザードマップを確認すると、ざっと海岸から2キロメートル離れた池子まで到達する。相模湾で地震が起きた際の津波だと高さ数メートル、地震発生から数分(10分もかからない)で三浦半島西海岸から湘南、東伊豆に到達する。

海岸は津波の危険がわかるとしても、逗子繁華街あたりだと海が見えないので油断しちゃうかもしれませんね。

ハザードマップみると逗子海岸だと陸に向かって左側に逃げるのがいいかも。右には田越川があり浸水深が深く、また市街に向かうにも途中、田越川支流が低地になっているので逃げ場を失いそうです。
海にお出かけの際には、どこでもハザードマップには目を通しておいた方がいいですね。

20130414_03_0413.jpg

いつもは穏やかな海ですが、津波や高波など猛威をみせることはお忘れなく。
逗子海岸、きれいな海でした。

参 考

逗子市:津波避難経路表示路面シートを設置します
http://www.city.zushi.kanagawa.jp/global-image/units/36368/1-20130315142822.pdf

東京新聞:津波避難先あちらです 「表示シート」逗子市設置中
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20130319/CK2013031902000162.html

カナロコ(神奈川新聞):夜も安全に避難所へ、光る路面シートの設置始まる/逗子
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1303050015/

逗子市:逗子市津波ハザードマップ(逗子地区)
http://www.city.zushi.kanagawa.jp/global-image/units/39516/1-20130401160206.pdf

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2940-33d9e975

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。