スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踊るブラインシュリンプ 

イモリの幼生が続々と誕生。はじめに生まれたイモリの子も誕生から1週間くらい経ったので生き餌としてブラインシュリンプを与えることにした。ついでに顕微鏡撮影。

20130419_01_0418.jpg

ブラインシュリンプはホウネンエビのなかまのアルテミアの幼生。
ミジンコのように触角をバタバタさせて泳いでいました。
目を細めてみると、ほら!まるでクリオネ…無理あります?


高倍率(100倍)で撮影するためにカバーグラスで抑えつけます。
ケンミジンコのように赤い眼点がひとつ。力強そうな太い腕がたくましい。
20130419_02_0418.jpg

腕(たぶん触角)の先は細い毛のような器官がありました。
20130419_03_0418.jpg

成長の記録をつくってみたいけれど、さてどうしましょう。

イモリの子は食べたのか、容器に入れた分はなくなっていた。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2943-7140f9ee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。