スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キラキラ交差点 

歩いていたり、運転していたりしている時、交差点がキラキラ輝いていることに気付いたことがありませんか?
そこだけまるで星が瞬くかのよう…

下の写真ではわかりにくいけれど、交差点の内の少し色の濃い四角いエリアに白い点々が見えると思います。歩いたりしているとあちこちキラキラと光ります。

20130502_01_0427.jpg

これはアスファルトの中にガラスカレット(ガラスの小片)が入った舗装材料なのだそうです。
イギリスで考案されたそうで、日本でも自動車運転者への注意を託すなどの意味で使われているのだとか。

この他にも、
1)透水性や保水性があること
  →舗装道路の下の土にまで水を浸透させる
2)アスファルトよりも蓄熱性が少ないこと
  →直射日光の熱を夜間までに放熱してしまう
などから、ヒートアイランド現象対策にもなることが期待されているようです。
そのため舗装道路だけでなく、グランドや公園などでも用途があるとのこと。

また、ガラスカレット小さな破片ですが自動車などが走っても粉々にならないそうです。丈夫なんですね。

20130502_02_0427.jpg

そしてこのガラスカレットはガラス瓶などのリサイクルでつくられるのだとか。
街中のちょっとした気になる交差点でした。

[ 参 考 ]
水海道産業株式会社:見えるリサイクル、光の道路・カラー舗装
http://www.mitsukaido.net/p2/


地盤工学ジャーナル(Vol. 4,No. 3,225-232)
廃ガラスカレットの地盤材料としての熱的・力学的性質に関する研究
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jgs/4/3/4_3_225/_pdf


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2948-b8e53283

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。