スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナミテントウの模様と遺伝 

地元の鶴見川を少し散策。
風があったのでハチやチョウなどはあまり見かけなかった。テントウムシはたくさんみた。

そうそうミツバチを激写できた。シロツメグサで花粉集めをしているところだったようだ。
花粉団子を脚につけているが、そういえば脚につけているところをみたことがなかったな。
20130527_01_0526.jpg

草むらに注意するとテントウムシのサナギがたくさん見つかった。
中には成虫もちらほら。こちらはナミテントウ。黒地に黄色い星二つ。
20130527_02_0526.jpg

葉の間に潜んでいる星がたぶん19ある赤地に黒星のナミテントウ…
ナミテントウ?
20130527_03_0526.jpg

ナミテントウの模様はたくさんあって、
1)二紋型
2)四紋型
3)斑型
4)紅型
それぞれに遺伝子があり、この組み合わせで生まれてくるテントウムシの模様が決まるそうです。
人間でいえばABO式血液型に似ているか。ナミテントウは4種の組み合わせですけどね。
遺伝子には優性と劣性があるのですが、黒色が優性で赤色が劣性遺伝子だそうです。
地域により模様に特徴とかあるんでしょうかね。

20130527_04_0526.jpg

近所のアジサイも咲きはじめました。
今年は梅雨入りが早いという話も…。

参 考
あかしあの雑記帳:ナミテントウの斑紋について

http://nemutou.fc2web.com/namitento/namitento.html

風見のホームページ:お父さんのための昆虫記第31回テントウムシ番外編1
http://www.hi-ho.ne.jp/kazami/essay/essay1050.html

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2962-e1e1c1f2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。