スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗の花 

6月2日、鶴見川散策。
日差しは強いがカラッとした空気で風が少し肌寒い。

栗の花がもう終わりになりつつあります。

20130602_01.jpg

先週に続いて雌花を探しますと、ありました。
雄花の付け根にイガになるところが膨らんでいます。
20130602_02.jpg

下の写真は先週5月26日のもの。
この頃が雄花が満開だったのですが、どこをどうやっても雌花が見つからなかったのです。
雌花は後からでてくるのですかね?
20130602_03_0526.jpg

栗の花の香りは独特で好き嫌いが分かれます。
クリは雄花、雌花とありますが花びらなどありません。風媒花に似ていますが香りで昆虫を引き寄せる虫媒花です。昨年はよくアリなどがたかっていましたが、今日は見かけませんでした。

クリはブナ科で、ブナは風媒花なのです。クリは風媒花から虫媒花へと進化を進めたのでしょうか?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2965-ab5ec8f9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。