スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鮎ラーメン(二子玉川) 

昨日は二子玉川にある「鮎ラーメン」。ずっと気になっていたんだけれど、ようやく食べる時(決意?)がやってきた。焼き魚の入ったラーメン、好奇心と不安とで心が渦巻きながら訪問。

お店の写真を撮っていないのは失敗だが、○に鮎の字のある大きな暖簾。
お店はカウンター席のみ。
メーニューもラーメンは、鮎ラーメン(鮎1/4)、鮎ごとハーフラーメン(鮎半身)、鮎ごとラーメンの3種である。

注文後、鮎を焼きはじめる。香ばしい香りがする。
そして出てきたのがこれだ!
20130613_01.jpg

鮎は背開きで骨が抜かれ、頭も切り落とされている。そのまま全部を食べることが可能だ。
鮎は、そうですね、卵のないシシャモの味と食感に似ているだろうか。

澄んだ鶏ガラ塩味スープなんだけれど、ちょっと魚系の出汁もあるのだろうか旨し!
細麺縮れ麺は好みなのでシンプルなラーメンながらでっかく最高です!
20130613_02.jpg

はっきりいってスープを楽しむラーメンだろうか。ついついスープまでどんぶり持って飲みほしてしまったよ。

次回も来たい!
今度は唯一のトッピングの味玉と鮎はハーフでいいや。
鮎をほぐしてご飯と一緒に握ったおにぎりも食べたい。
お店の人のお勧めのおにぎりの食べ方が残ったスープにおにぎりを入れてお茶漬け感覚でいただくといいそうだ。

匝さん、ご用達決定!

なんで鮎なのか?
多分、多摩川が鮎の産地だったからじゃなかろうか。
田園調布には銘菓鮎焼きもあるしね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2970-5208e0bc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。