スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろばん戸 日本民家園にて 

日本民家園に行った6月15日。旧菅原家という古民家で土間と板の間を仕切る引戸の溝にそろばんのようなスライダーがついたものがありました。

20130618_01_0615.jpg

引戸を動かすとどのようになるのか動画も撮影してきました。



見た時は気にしなかったけれど、溝にスライダーを入れてその上に引戸を載せているのだろうか。
スライダーの長さが気になる。だって固定されていないのだもの。
今だったら引戸の下に車輪をつけるよね。

20130618_02_0615.jpg

外に回ると雨戸の溝にも木製のローラがついている。こちらは固定されていてローラの上を雨戸が通る。重たい雨戸も軽く開け閉めできるようにと想像。

20130618_03_0615.jpg

ローラの固定方法は竹軸のようだ。どれくらいの大きさのローラであろうか。
次回訪問の際にはもう少しよく観察してくるのだ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2974-d77a640f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。