スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二子玉川駅の転落防止対策 その2 

東急二子玉川駅、田園都市線下りホームに安全のための固定柵と転落報知機が忽然と現れたのが今年1月中旬。そして先週末、ホームにへんな突起部が…転落防止ゴムだそうだ。

20130722_01_0721.jpg

二子玉川駅田園都市線下りホームはカーブしているためにホームの一部に車両との隙間が広いところがある。匝も目撃したことがあるが、大の大人でもすっぽりと胸まで落ちてしまい、子供に至ってはホーム下まで転落してしまいそうだ。

20130722_02_0721.jpg

転落防止ゴムはホームと車両の隙間をできるだけふさぐような目的なのだろう。
車両との接触を考慮してゴム製で、さらに櫛状にスリットが入れられていた。

旅客の安全と定時運行のためにいろいろ努力されているようだ。

参 考
東急:輸送の安全の確保のための取り組み
http://www.tokyu.co.jp/csr/tkk_anzen/anzen_report_5_2.html


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2992-f874b579

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。