スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静止衛星は地上から見えるのか 

静止衛星は地上から見えるのか…。そんな話題があったので調べてみました。
そして動画を発見。



まず静止衛星とは何か。国際宇宙ステーションなどはゆっくりと空を横切ることがあります。その他の人工衛星も暗いところだといくつも空を横切るのを見ることができます。国際宇宙ステーションの高度は約400km。

静止衛星はその名の通り静止している人工衛星。何に対して静止しているかというと地上から見ていつも同じ場所にあるように見える衛星です。実際は秒速3kmで地球の周りを回っています。ちょうど地球の自転と同じになるようになっている。

静止衛星のある静止軌道は地上から約36,000kmの高さにある。
国際宇宙ステーションの軌道の9倍。そして月までの距離は約380,000kmなのでだいたい10分の1の距離にある。

これだけ遠いと人工衛星は目視できないと思っていました。実際、明るくても2等星、それも動かないので見分けるにはなかなか厳しいと思います。

それが星雲など暗い天体を長時間撮影して写真にするためにガイド撮影という星の動きに合わせてカメラを動かす撮影方法だとわかるんですね。静止衛星は空の一点にありますが、星空は時間に合わせて東から西へと動きます。これを追いかける撮影方法ですから静止衛星は西から東へ動くように見えます。

通信用の技術試験衛星きく8号は最大40mもの大きさ。太陽の光を存分に反射するため動画でもしっかり見えていました。

我が家ではガイド撮影できないから撮影はムリだなぁ。

静止衛星が位置が変化しないのでカメラを固定して長時間撮影し、星が流れる中で一点に輝く光点が静止衛星という見分け方もできるかな。やってみたい。


参 考
JAXA:Q2地上から人工衛星は見えますか?
http://www.jaxa.jp/pr/inquiries/qa/satellite.html#02

美星天文台:静止衛星は見えるか
http://www.bao.go.jp/stardb/spc/data/spc0243.html


2013-7-29
斜体の文、追記

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2993-acdaba60

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。