スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気象庁「急な大雨・雷・竜巻から身を守ろう!」 

毎年どこかで豪雨による災害があります。しかし住んでいる地域で災害を伴う豪雨に見舞われるのは数十年に一度程度。来月末から気象庁ではそんな豪雨(他に噴火、津波)のために「特別警報」というのが設けられる予定です。

そこまでいかなくても局地的な豪雨による被害もあります。
気象庁では、天気の急変から身を守るための啓発動画「急な大雨・雷・竜巻から身を守ろう!」が公開されています。

被害編(日本語字幕あり)
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/books/cb_saigai_dvd/higaihen_jp.html



解説編(日本語字幕あり)
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/books/cb_saigai_dvd/kaisetsuhen_jp.html


写真は先日、2013年7月23日夕方の川崎市高津区での豪雨。
この日は多摩川をはさんだ世田谷区では1時間に100ミリの猛烈な雨を記録。

16時15分頃、普通に降っていた雨がバケツをひっくり返したような雨に変化。
頭上ではすさまじい雷。一時停電になりました。
20130729_01_0723.jpg

16時30分頃、雨はおさまりましたが排水しきれなかった雨水が、道路を川のように流れていきます。
20130729_02_0723.jpg

以上のように、晴れていても天気は急変することがあります。
1)黒い雲が近づいてくる
2)遠くで雷鳴が聞こえる
3)冷たい風が吹いてくる
これらがひとつでも現れれば避難するサイン。

安全そうな建物や自動車の中に避難。

樹木の下では落雷、地下や河川の橋の下は増水により危険です。
豪雨であれば下水による排水が間に合わず道路が冠水、河川も数分程度で濁流へと増水する危険があります。

冠水し水の流れる道路は歩きづらく転倒により流されたり、フタの外れたマンホールや側溝に落ちたりする危険があります。

河川敷などでなくとも、街中でも豪雨には注意しましょう。


気象庁:リーフレット「急な大雨・雷・竜巻から身を守ろう!」
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/books/ooame-kaminari-tatsumaki/index.html



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2994-0870a913

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。