スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三日月に隠れるスピカ食 

今日、8月12日は月の裏におとめ座の1等星スピカが隠れる天体ショーが夕方から見られます。

パソコン・プラネタリウム“Stellarium”で横浜の様子を見てみましょう。
下の画像は18時40分頃、南西の空。月齢4の三日月の影の部分すぐ脇にスピカが輝いています。
この時間は太陽は沈んでいますが西の空はうっすらと薄明が広がっている時間です。

20130812_01_T1840.jpg

18時50分頃、スピカが月の影の部分に隠れます。星食というのは見たことがありませんが、パッと消えるようです。写真撮影で月の影に地球照(影の部分がうっすら光る)が写っていたらどうなるのでしょう。

20130812_02_T1850.jpg

19時23分頃、隠れてから約30分くらいで月の明るい方から姿を現すスピカ。
恒星も月も東から西へと空を移動しますが、月は恒星より少しだけ移動が遅いのです。そのため、恒星が東から西へと月を横切るように見えます。
20130812_08_T1923.jpg

今回のスピカ食は、北東北の一部と北海道を除く地域で観ることができます。
南に行くほどスピカ食の開始時刻が早く、また長い時間隠れています。

横浜は猛暑続きで空もモヤがかかったような日ばかりで観察が厳しいかもしれません。
前回のスピカ食の動画を見ておこう。




前回のスピカ食は7年前の2006年1月22日。次回のスピカ食は11年後の2024年8月10日。
アルデバラン食は2015年に東京で3回みられますが条件はよくないようです。2016年、2017年も見ることができそう。
レグルス食は2017年と2018年。アンタレス食は2023年です。

参 考

AstroArts:2013年8月12日スピカ食
http://www.astroarts.co.jp/alacarte/2013/201308/0812/index-j.shtml

つるちゃんのプラネタリウム:日の入り頃にスピカ食 2013年8月12日
http://homepage2.nifty.com/turupura/new/2013/2013_spica/new1308_05.html

平塚市博物館:星食・惑星食
http://www.hirahaku.jp/hakubutsukan_archive/tenmon/00000050/20.html




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/3001-e3e740da

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。