スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トウモロコシのひげ 

トウモロコシをいただきました。さて、セサミストリートのバートのような頭の毛、これはなんでしょう?

20130901_01_0801.jpg

実はトウモロコシのめしべなのです。
トウモロコシは風媒花で、雄花は茎の高いところから吹く風を利用して花粉をまき散らします。
雌花は茎の中ほどにあり風で運ばれる花粉を待ちます。

しかしトウモロコシに雌花は葉で包まれてしまっているので受粉できません。そこでメシベだけ長くして葉の先から出している、それが糸のような毛のようなものの正体です。トウモロコシのつぶつぶひとつずつが種(正しくは穎果)なので、つぶつぶの数以上のひげ(メシベ)があるということです。

20130901_02_0801.jpg

「ゲッチョ先生の野菜探検記」では、トウモロコシを包む葉は鳥やネズミからの食害を防ぐためだったが、これほどしっかり包まれるようになったのは人間に栽培されるようになってから…とか書いてあった。
人間がいなくなったらトウモロコシの栽培種が全滅するかも…と。

トウモロコシの原種と言われる「テオシント」は種はどんなだろう…

参 考

JAグループ福岡:トウモロコシのひげは何?
http://www.ja-gp-fukuoka.jp/education/akiba-hakase/002/004.html

JA長野県:トウモロコシがおいしい季節ですよ
http://www.iijan.or.jp/oishii/2006/07/post_326.php

筑波実験植物園:トウモロコシの原種をみてみよう!
http://www.tbg.kahaku.go.jp/event/topics/2009/10ze



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/3010-4ed09155

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。