スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小田原で食べた果物、ポポ― 

小田原に行ったらめずらしい果物がでてきた。
ポポーというのだそうだ。

写真は食べかけではありません。果肉がやわらかくて、そうですね、マンゴーのような感じ。
20131009_03_1008.jpg

味はマンゴーとパパイヤを足して2で割り、さらに隠れていない隠し味が入った感じ。
ちょっと半端なお味だったけれど、完熟していなかったのかな?
個人的にはちょっとダメだったが、知り合いは絶賛していた。

20131009_02_1008.jpg

見た目は大きなアケビみたいで、和名はアケビガキ。最後のカキは柿を意味するとかで、種の形状からこう名付けられたようだ。実は虫に強く、また熟するほどに洋梨のラ・フランスのようによい香りがする。

北米原産のため寒さには強いらしい。明治時代には日本にやってきたがいまひとつ広まらなかったのは、やはり多くの人の口に合わなかったからだろうか。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/3031-de043063

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。