スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいホームドア、いろいろ 

ツイッターを見ていたらTLに、東急つきみ野駅に新型のホームドアが設置されテストが行われているというのが流れてきた。調べてみると、私鉄3社で新型ホームドアの実証試験が行われているらしい。

鉄道ファン鉄道ニュース:西武・東急・相鉄で新形ホームドアの実証実験
http://railf.jp/news/2013/03/06/153000.html


新型ホームドアは従来の安全確保だけでなく、
1)扉の数や位置の違う車両が行き交う駅でも対応できる (東急、西武)
2)設置するコストの低減 (東急、相鉄)
を目的に考案されたらしい。

試験運用の駅は、
東急が田園都市線つきみ野駅下りホームの一部
相鉄がいずみ野線弥生台駅下りホームの一部
西武が新宿線新所沢駅区台1番ホームの一部

東急は日本信号と共同開発した「昇降スクリーン式ホームドア」というもので、ワイヤーで作られた柵2枚を昇降させる方式。
個人的には、子供が不用意に手を入れてしまいそうな不安もあるが、たしかに扉位置に対応でき、コストはかなり低くできそう。
youtubeにあった動画によるとこんな感じ。



西武のものは、東京大学と神戸製鋼所が共同開発した「戸袋移動型ホーム柵」を設置協力。
これは従来型のホームドアに似ていて、扉の位置がやってくる車両の位置に合わせて変更できるタイプ。
コスト低減にはならないような気がするが、安全性は高い感じを受ける。
youtubeにあった動画ではこんな感じ。



相鉄は高見沢サイバネティックスが開発した「昇降式ホームドア」。コスト低減が目的で、扉からバーに変更。実際の動きはわからないが(10月27日試験開始)、資料によるとバーは上昇するとともに左右の支柱も上昇するタイプらしい。

各社ともにしばらく試験運用されるので一度は見てみたい。そしてどれが普及するか興味深い。

参 考

東急ニュースリリース:田園都市線で新しいタイプのホームドアの試験運用を実施します
http://www.tokyu.co.jp/contents_index/guide/pdf/130305-1.pdf

相鉄ニュースリリース:昇降式ホームドアの実証試験を実施します
http://www.sotetsu.co.jp/news_release/130305_01.pdf

西武ニュースリリース:「戸袋移動型ホーム柵」の実証実験に新所沢駅 下りホームを提供して協力します。
http://www.seibu-group.co.jp/railways/news/news-release/2012/__icsFiles/afieldfile/2013/03/05/20120305shintokorozawa.pdf

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/3033-8983d342

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。