スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晴海橋梁 

最近、ちょっと橋梁に興味を持ってきた。正しくは橋梁とそこの歴史。
今回は晴海橋梁をアップする。

20131128_01_1124.jpg

上は晴海橋から見た晴海橋梁。奥は豊洲のマンション群。その右手はららぽーと豊洲。
ここはIHIの造船所のあったところだ。

20131128_02_1124.jpg

晴海橋梁は豊洲と晴海埠頭を結ぶ鉄道用アーチ橋(ローゼ橋)。
越中島貨物駅から続く東京都港湾局専用線の鉄橋で、晴海埠頭で荷揚げされた物資が運ばれたのであろう。
もともと晴海は昭和15年の万博予定地だったが戦争で中止。その後は住宅や物流倉庫、展示場などに使われたが、交通も不便でありいまひとつパッとしない地域だったように思う。

20131128_03_1124.jpg

江東区はこの橋梁を活用することも考えているようだが、現在は朽ち果てるがまま。晴海側に公園など作って人道橋とするのもいいかもしれない。いっそ交通も悪いのでライトレールなど作ってしまったり…。

まだまだ開発途上の地区なので交通網整備での活用がいいと思うのだが…単線だけど。


名称:晴海橋梁
河川名:運河
線名:東京都専用線
橋長:58.8m
開通:1957年
形式:単線下路ローゼ桁
設計:国鉄/製作:東京石川島
起業者:東京都
参考:土木学会/晴海橋梁
http://library.jsce.or.jp/jscelib/committee/2003/bridge/A6-005.htm

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/3053-2ac0ee31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。