スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠し味は電気のお味?(電気味覚) 

電気を隠し味に食事を変える!?
視聴覚では電気を使った製品が溢れているが、味覚や嗅覚ではほとんど見かけない。どんな仕掛けなんだろう。



食品を口に入れてから食品に通電すると、あら不思議!あっという間に味が変わるらしい。
通電する方法は箸やフォーク、飲み物ならストローなどを使う。

電気味覚には塩味、苦み、酸味があり、電気を使うことでこれらの味を強くまたは弱く、もしくは新たに食品に味を加えることができる。これを使うと塩分摂取を控える必要のある人は、塩分ではなく電気味覚で塩味を強くすることで塩分を摂取せずに塩味を増すことが可能なのだそうだ。

電気は直流だけでなく、例えば音楽の音声信号をスピーカから音を出すのではなく、電気味覚用のフォークにつないで味覚として楽しむこともできるかもしれない。音楽を味覚で楽しむ、そんなことだ。クラッシック音楽は味わい深く、POPな曲は酸味が強いとか?

さらにはインターネットで味覚情報をダウンロードまたは音声出力から得る時代も遠くないかも。
あと電気味覚は一般の食品同様に個人差があるだろうが、好みは電気の強さで調整できるのも強みか。

味覚のための電気製品も姿を現すだろうか。
これからが楽しみだ。


参 考

電気で食事を変える!電気味覚プロジェクト
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19439972

Electronic taste could allow television viewers to sample cookery show creations
http://www.telegraph.co.uk/science/science-news/10465142/Electronic-taste-could-allow-television-viewers-to-sample-cookery-show-creations.html

エンジニアtype:電気×コンピュータで食文化を変える!?
「電気味覚」研究の第一人者が目指す未来【連載:五十嵐悠紀】
http://engineer.typemag.jp/article/yuki-igarashi25

明治大学 宮下研究室:電気味覚を用いた新たな飲食コンテンツの提案
http://miyashita.com/publications/cat47/index.php

明治大学大学院:電気味覚を活用した新たな食物コンテンツの提案(中村裕美)
http://www.ipa.go.jp/files/000007248.pdf

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/3054-e6d121e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。