FC2ブログ

東海地震とパニック 

まぁ、地震や防災に何らかの関心がある人は知っているかもしれないけれど、東京や横浜あたりに住んでいる人は想定東海地震はそれほど怖いものではない。
というのも横浜でも予想震度は5強。もっとも崖地や埋立地では強くなるだろうが、それほどの被害はないと考えられる(ラッシュ時の混乱、転倒やブロック塀が倒れて下敷きということはあるだろうが)。手抜きマンションなどや古い耐震対策前の住宅などは危ないかもしれないか。

よほどあまり話題にならない南関東地震の方が怖い

やはり想定東海地震で怖いのは浜岡原発パニックかな。
浜岡原発は想定東海地震の範囲にあり、付近には活断層と疑われる断層がいくつかある。さらに軟弱地盤。海溝型の東海地震では津波も発生するだろうが、浜岡原発は御前崎の外洋に接し津波を受けるのは確実。

原発自体も揺れによって配管が持つのか実際に揺すらないとわからないだろう。循環系の配管が壊れれば炉心に異常がでるわけで…。この辺は“ストップ浜岡原発”が詳しいな(やや煽りにも感じるが)。

実際に浜岡原発で放射能漏れ、最悪ストップ浜岡原発のいうメルトダウンが起きれば東京に放射能が飛来するのは間違いないようだ。それも風向きによるが数時間で到達するらしい。

とにかく地震発生後、被爆から甲状腺を守るためにお子様にはヨウ化カリウム錠を服用させておくべきか。ただヨウ素がダメな人(ヨウ素過敏症)もいるので事前に調べる必要がある。

静岡県ではヨウ化カリウム錠が常備されているようだけど、配布が間に合うかはわからない。少なくとも横浜や東京では配布の期待はできないしね。知人は携帯してましたねぇ、ヨウ化カリウム。

以上は実際に原発で放射能漏れした時のお話。

もうひとつ、放射能漏れをしていないのに漏れたというデマによるパニックも怖い。果たしてマスコミも正確な状況がつかめるか分からないし、放射線測定器の測定値にむやみに恐れてデータが一人歩きすることも考えられる(ただでさえ雨の日は放射線量が普通に増える)。この辺が匝には怖いです。最後は人が怖いですね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/307-a56e6235