スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星の糞? 

星にまつわる名称を調べていたら「星糞」という言葉を発見。
読みは「ほしくそ」である。

それは地名としても存在した。
ひとつは長野県「星糞峠」、もうひとつは静岡県「星の糞遺跡」。

ところでロマンチック溢れる星に対して「糞」とは何なのかと思ったら、黒曜石のことだそうだ。

黒曜石は火山岩で色は黒く、表面はガラス質で光沢がある。この黒く光沢のあるところからいにしえの人々は星(光沢)+糞(黒)というイメージで名前をつけたのだろう…。

長野県にある星糞峠では縄文時代から黒曜石が採掘されていたらしい。この他にも栃木県や静岡県伊豆や熱海、神奈川県箱根、伊豆諸島神津島、島根県隠岐、大分県姫島、佐賀県伊万里、長崎県佐世保などでも採掘されていたそうだ。
ガラス質の黒曜石は割ると鋭利な形状になることから矢じりやナイフとして利用されてきた。
このため採掘された黒曜石は、おそらく物々交換などで各地に広く伝搬したのであろう。

星の糞遺跡(ほしのくそいせき)は静岡県御前崎市にあり、遺跡から黒曜石が出土したことで名付けられたのだろう。
縄文時代の土器のほか黒曜石の石器も発見されたそうだ。遺跡的な価値は、縄文時代の東西土器文化の違いがわかるとのこと。

星糞の矢じりをつけて…なんて話していたのかなぁ。

参 考

Weblio 辞書:星糞峠黒曜石原産地遺跡
http://www.weblio.jp/content/%E6%98%9F%E7%B3%9E%E5%B3%A0%E9%BB%92%E6%9B%9C%E7%9F%B3%E5%8E%9F%E7%94%A3%E5%9C%B0%E9%81%BA%E8%B7%A1

黒耀石体験ミュージアム
http://www.hoshikuso.jp/

御前崎市:星の糞遺跡(823平方メートル)(PDF:54KB)
http://www.city.omaezaki.shizuoka.jp/shakyo/kanko/bunka/bunkazai/documents/hoshinokusoiseki.pdf

wikipedia:黒曜石
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E6%9B%9C%E7%9F%B3



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/3077-db7c4185

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。