スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雪の綱島 

2月8日、東京近郊で記録的な大雪となった。
8日夜には暴風雪・大雪警報の発表まででたほど。

綱島の鶴見川河川敷も真っ白になっていました。激しく降る雪で対岸の建物は霞んでいます。

20140210_01_0208.jpg

雪が降る中でもスズメは意外に元気で群れで飛び跳ねていました。
小さいだけに何かを食べていないといけないんでしょうか。

20140210_02_0208.jpg

いつもたくさん群れているドバトは大綱橋の下で風雪に耐えるようじっとしています。

20140210_03_0208.jpg

今回の雪は意外と細かい雪でしたが、それでも結構湿っているのかダウンジャケットに付くと見る間にとけて濡れていきます。

それでも新雪を踏みしめる時は小麦粉を押すようなキュッキュッという音が鳴り、歩きやすいものでした。耳が痛くなるような寒さでもなく、意外に寒くありません。
河川敷、そして街中でも雪だるまを作る人々。あちこちで雪だるまアートが楽しめました。

20140210_04_0208.jpg


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/3084-45c10a82

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。