スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

驚きのアンドロメダ銀河の大きさ 

アンドロメダ銀河がどれくらいの広がりを持った銀河なのか。
もし夜空で観ることができたら大きさに驚くだろう。


(c)Tom Buckley-Houston,Stephen Rahn,NASA/JPL-Caltech

画像は合成されたものだが、もし夜空でアンドロメダ銀河の大きさがはっきり見えたらこんな感じに見えるというイメージだ。

アンドロメダ銀河は渦巻き銀河で、地球からの距離は光の速さで約250万光年。
その大きさは約25万光年と推測され、私たちの太陽系が属する天の川銀河が約10万光年の大きさなので比較してもとても大きい。はるかに遠くから二つの銀河を眺めるとかなり接近して見えるかもしれない。

こんなに近くても画像のように見えないのはアンドロメダ銀河の周辺の星々がとても暗いからだ。
天の川銀河の中にある地球からみる天の川自体モヤっとして見える上に、都会では見ることもかなわない。250万光年先のアンドロメダ銀河の星が見えないのもやむを出ないだろう。それでも見えるのはアンドロメダ銀河の星の集まる中心部。

天体の見かけの大きさは角度(視野角または角距離)で表わす。地表は平らに空は球にとプラネタリウムのようなイメージにすると地表から天頂を通る天球の大きさは180度だ。天球は1時間に15度東から西へと移動する。24時間でちょうど360度になる。

太陽と月は天球の中では約0.5度の大きさだ。
アンドロメダ銀河はもしその全体がみえると約3度の大きさになるらしい。
それがこの画像。知識で知っていても改めて画像で見ると驚きですね。

参 考

BAD ASTRONOMY:Yes, That Picture of the Moon and the Andromeda Galaxy Is About Right
http://www.slate.com/blogs/bad_astronomy/2014/01/01/moon_and_andromeda_relative_size_in_the_sky.html

アストロアーツ:実は3倍の大きさだった、M31アンドロメダ座大銀河
http://www.astroarts.co.jp/news/2005/06/07m31/index-j.shtml

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/3086-0cf3e6ef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。