スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪になった煙が上がる街? 

コペンハーゲンの廃棄物焼却複合発電プラント Amagerforbrænding がリニューアルされるのに伴い、隣には公園が作られ、煙突からは輪になった煙が吐き出されるという。



まるで空気砲で作った渦輪。これがコペンハーゲンの町中から見えるのはすてきです。
さらに夜にはレーザーで彩られるとか…あまり省エネには思えませんが(笑)

わざわざ渦輪にするのは二酸化炭素を大気中に溶け込ませやすくするため…?

なんか不思議です。


参 考

Amager Bakke Waste-to-Energy Plantby BIG
http://www.dezeen.com/2013/03/05/amager-bakke-waste-to-energy-plant-by-big/

dezeen:Waste-to-Energy Plant by BIG
http://www.dezeen.com/2011/01/27/waste-to-energy-plant-by-big/



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/3102-a335263b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。