スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジツボの撮影 

先日買った、オリンパスの STYLUS TG-2 Tough を使って水中撮影してみました。

防水仕様のため既に雪の小千谷旅行に持っていっていますが活躍することはほとんどなく、今回がはじめての活躍です。

岸から海を覗いてフジツボが蔓脚(まんきゃく)を開いているのを確認。
そっとカメラを入れてみるがこれがなかなか、水中にあるモニタを海上から視認することの難しさよ。
波もあってピントが合っているかどうかも自信なく、何枚も無駄打ちしていましたがようやくコツを掴んできました。海面越しにモニタを睨んでフジツボを上から撮影したもの。

20140428_01_0423.jpg

それにしてもTG-2はメモリへの保存時間が長い…。

岩に貼りついているフジツボなので、上から覗きこむように撮るとフジツボを横から見た感じになりました。苦労して横から、つまりフジツボを上から撮ったモノ。モニタを確認できずに勘だけでピント合わせ、そして撮影したもの。
なかなかいい感じですぞ!

20140428_02_0423.jpg


場所は横浜市南部にある金沢八景の海の公園。
フジツボってどこにでもあるような気がするけれど、この人工岩場でフジツボのいる岩は限られている。
なんとも不思議なのだ。

20140428_03_0423.jpg

今年はフジツボとかイソギンチャクなどにはまりそう。
タイドプールが楽しみだ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/3105-17902933

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。