スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磯めぐり なぜかアメフラシ 

5月3日、フジツボを探しに三浦半島は油壺へむかった。
久しぶりの海。それも磯。たくさんの子連れ家族が磯遊びに来ていました。
それでも人が多すぎということもなく、連休混雑がなくてたいへんによろしい。

20140505_01_0503.jpg

油壺南側にある荒井浜から出発!
ここで岩にへばりつく大きなフジツボを数個発見。しかし干潮によってすでに海面からでているため固く閉ざしておりました。
そこで他を探すのですが…ぜんぜんみつかりません。フジツボってそこここどこにでもあるイメージでしたが間違っていたようです。

そこで磯のハイキングコースをたどり荒井浜から胴網海岸へ向かいます。
いくつもの岩場を乗り越え、たまにタイドプールを覗く。カニや小魚、貝類などいくつもみつかるのにフジツボはおらず。

さらに干潮時にしか通れない岩場を通り抜けて、油壺北東にある横堀海岸へ。
ここの岩場の窪地になにやらうようよいましたよ。

20140505_02_0503.jpg

ウミウシ?というよりアメフラシ?
大きさは拳程度。ざっと7、8匹いました。いくつか細い博多ラーメンの麺のようなかたまりがあります。
どうやら「海そうめん」とも呼ばれるアメフラシの卵塊のようです。

写真の生物はいわゆるアメフラシとは模様が違うようで、ツイッターで“アマクサアメフラシ”に似ていると教えてもらいました。
突いても紫色の液体はださなかったので自信がなかった。もっとも“アマクサアメフラシ”が出すのは紫ではなく、白い液体らしいです。

20140505_03_0503.jpg

アメフラシは英語で“Sea hare”と呼ばれ、海のうさぎという意味。
どうも頭の形状がウサギの耳にみえるらしい。ぽっちゃりしているしね。

雌雄同体で、頭がオス、背中がメスです(おいおい)。
そんなわけでフジツボには出会えず。ちゃんと勉強してから本腰で来よう。
ちなみに胴網海岸では砂浜で採水しました。プランクトンの観察も楽しみ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/3108-72edf4b6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。