スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナスのヘタで輝く星 

最近、身近なモノを顕微鏡で覗いています。
今回はナス!

20140520_01_0518.jpg

ナスのヘタ、つまりガクの部分にはうっすらと毛があります。
この毛を顕微鏡で覗いてみると…

20140520_02_0518.jpg

小さいながらも星があるじゃありませんか!(苦笑)
これだけ大きくなるとサボテンのトゲのようです。これは植物の葉や茎に生えている毛の一種で、ナスのような形状の毛は“星状毛(せいじょうもう)”と呼ぶのだそうです。写真は40倍で撮影し、トリミング。

ナスの星状毛はガクだけでなくその茎や葉にもあり、ナスを採る時には気をつけないと痛い思いをするのだとか。店頭に並ぶ時は星状毛もどんどん減り、ガクに小さいのが残るだけのようです。

これを撮影するためにスーパーや百貨店でナスのヘタを吟味していたのは私です(笑)

参 考

東京書籍:葉の表面にあるいろいろな毛(星形の毛もあるよ)
http://kids.tokyo-shoseki.co.jp/kidsap/downloadfr1/htm/err40909/err44132-33.htm


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/3112-9a7e1be1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。