スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄のアフリカマイマイ 

雨の那覇空港で巨大な貝、アフリカマイマイに出会いました。はじめてみます。
ちなみに8月17日から夏の沖縄に行っていました。

20140904_01_0817.jpg

大人のこぶしくらいの殻を背負っていたと思います。
アフリカマイマイは寄生虫がいるので手で触れることは避け、雨の中路面を歩く姿の観察のみ。
アフリカマイマイはなんでも食べる食欲旺盛な生き物で、農産物の食害を起こします。
そんなアフリカマイマイが沖縄になぜいるかというと、戦前までは食用のため養殖されていたんだとか。それが沖縄戦により養殖場が破壊され野に放たれてしまったそうだ。

海外では今も養殖されており、エスカルゴの代用品として提供されているとのこと。エスカルゴは養殖されているとはいえ数を減らしているらしい。フランス産ではなく、インドネシア産のエスカルゴも販売されているが、これはどうやらアフリカマイマイのようだ。「エスカルゴ(食用かたつむり)」の材料名ではよくわからない。

参 考

国立環境研究所侵入生物データベース:アフリカマイマイ
http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/70250.html

ブルゴーニュの日々:食用にするエスカルゴとは?>食用となるエスカルゴの種類
http://www.bourgognissimo.com/Bourgogne/1ARTL/BR_011_1.htm


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/3122-b34577f1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。