スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖!ハブクラゲ。 

8月17日から沖縄旅行にいきました。海に入って遊ぶというのが目的。
しかし、沖縄の海にはおそろしい生き物がいるのです。その名もハブクラゲ。
地上に毒蛇のハブがいれば、海には毒クラゲのハブがいるのです。

20140910_01_0831.jpg

幸いにして海水浴場で遭遇することはありませんでしたが、美ら海水族館で展示されていました。ハブクラゲだけでなく、海の危険生物がたくさんのコーナーでしたが。

漂うクラゲではなく自力でしっかり泳ぐことができるクラゲでかなり大きい。
沖縄近海にはかなり棲息していて、沖縄県衛生環境研究所のまとめでは2012年のハブクラゲの被害は83件。海洋危険生物での刺咬症被害の全体数は234件でしたから3割がハブクラゲによるもの。加害生物としては第一位でした。

ハブクラゲは重度の場合死に至るので注意です。刺されたら触れずにお酢をかけて触手や刺胞を取り除くそうです。
しかしこの方法はこれまた最強のカツオノエボシ(クラゲ)では逆効果になるので、十分に見極める必要があるのでしょうね。できればどちらも会いたくない。

海水浴場にはクラゲ予防ネットというのがよく張られていますが、この中も油断はできず、特にネット付近は触手が中に届いたりネットの外に腕を出して刺されるという被害もあるそうです。クラゲ除け入り日焼け止めもお守り程度らしいですが、軽度にすむ例が多いみたい。

20140910_02_0831.jpg

でも、海水浴は楽しかった。
初日はみーばるビーチ(クラゲネットなし)、2日目は美ら海水族館近くのエメラルドビーチ。
そして水族館でたくさんの魚をみて、ジンベイザメ眺めながら飲み物飲んで。

20140910_03_0831.jpg

参 考

沖縄県:海洋危険生物について
http://www.pref.okinawa.jp/site/hoken/yakumu/yakumu/uminokikenseibutunituite.html

沖縄県衛生環境研究所:沖縄県における 2012 年の海洋危険生物刺咬症被害の疫学調査(pdf)
http://www.eikanken-okinawa.jp/syoho/shoho47/image/s47_75-78.pdf



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/3125-9a33bf00

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。