スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レールでできたアーチ橋~飛鳥山下跨線人道橋 

東京北区。
桜の名所である飛鳥山の下、王子駅へ通ずるレールでできた鉄橋は、飛鳥山下跨線人道橋という。
駅南口から飛鳥山を結ぶ駅付属施設ということもあり鉄道省設計と考えられているらしい。大正14年(1925年)竣工。
アーチ部も含め見事なまでのレール構造物。ところどころは鉄の板材が使われている。
20140916_01_0913.jpg

日本で鉄道用レールが製造されたのが明治34年(1901年)、官営八幡製鉄所が動きだした頃。明治4年(1872年)の鉄道開業以来、日本は鉄道敷設が活発だったが、機関車を始め多くは輸入品であった。もちろんレールも大量に輸入し費用がかかったでだろう。そのためレールは貴重品。古いレールといえども駅などの鉄道施設に転用されている。

このアーチ橋は1925年に作られたが、毎日新聞の記事によれば国産レールではなく輸入レールが使われているとのこと。橋脚部には“UNION D 1887”の刻印があるという。“UNION D”はドイツのドルトムント鉱山製鉄連合株式会社のこと。鉄道ファンの間では、「ドルトムント」または「ウニオン」で通じるらしい。

20140916_02_0913.jpg

橋梁眼下には高崎線と貨物線が快走していく。脇は橋梁とほぼ同じ高さで京浜東北線が突っ込むような目線で走ってくる。すぐ駅なので絶好の撮影スポットでもあろう。
見上げれば高架を東北・上越・長野行き新幹線がガンガン通過する。鉄道好きのちびっ子絶好の鉄道車両観賞スポットだ。

20140916_03_0913.jpg


参 考

毎日新聞:憂楽帳:古レールの橋
http://mainichi.jp/opinion/news/20140901k0000e070168000c.html

フカダソフト:古レールの刻印
http://www.geocities.jp/fukadasoft/bridges/rails/marks/index.html

古レールのページ:古レールの刻印を解読する(ドイツ製)
http://homepage1.nifty.com/arashi/fururail/6germany.html



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/3129-6ff11d13

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。