スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙から見た阿蘇と桜島の噴煙 

最近はNASAのMODIS画像を見て楽しんでいる。
MODISはNASAの地球観測衛星TerraとAquaに搭載されている光学系の観測装置だ。Terraには日本が開発した観測装置も搭載されている。

今年の1月7日、大陸からの強い風が日本列島にも到達していたが、10時46分頃(JST)に九州上空を通過したTerraによってちょうど阿蘇と桜島からの噴煙が北西からの風に流されているところを捉えていた(写真はクリックで拡大されます)。

20150111_150107.jpg
(c)NASA

桜島は今年に入って噴火が激しくなっており、山体膨張のニュースも聞かれるようになった。
地球は生きているって実感される画像です。
なお、阿蘇と桜島の噴煙を見比べるとやや阿蘇の方が赤味が強い。
マグマの酸化度合いが強くなってきたとの報告もあった。煙の色で火山の状態がわかるらしい。
鹿児島大学の井村先生からTwittterで資料を教えてもらいました。

参 考
産業総合研究所:阿蘇中岳で 2014 年 11 月 26 日〜12 月 4 日に噴出した火山灰(pdf)
https://www.gsj.jp/hazards/volcano/kazan-bukai/yochiren/aso_141218.pdf



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/3135-2841e28a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。