FC2ブログ

京都児島「赤味の樹」 

新地の会社のノミさんが「京都へ研修へ行くので土産買ってきますね」というので、ぜひ児島の“赤味の樹”を買ってきてくれとお願いした品。

匝の家ご用達の品であり、京都方面へいったら必ず買ってくる。
小田原の会社の慰安旅行で京都へ行った時にみんなに勧めたら、店の赤味の樹すべてを買い占めたこともあった。みんな、買いすぎです。

浅漬けきゅうりを裂いて生姜をはさみ赤しそを巻いた、その品は夏の暑い食欲のない時、特においしくいただけます。そのかわり日持ちしないため、もったいないからちょっとずつ食べるなどということはいけません。
akami.jpg
ちなみに写真は漬かり過ぎ。匝が小田原行ってたり、持ち帰るの忘れたりで日が経ちすぎちゃったんですね。でもおいしかったですよ。匝父はそれだけでご飯を食べてしまいましたもん。

ところで最近のきゅうりは、皮が固いために漬物に向かないようだ。なんでそんなことになったかというと、昔のきゅうりは白い粉がついていて農薬と勘違いされたこと。また、日が経つとクテッという感じになり売れないため、皮が固い丈夫なものに変わったと聞く。

匝は品種が違うのかと思ったら同じきゅうりで、皮が丈夫な方はカボチャを台木に接木しただけだそうな。

ほんと、おいしくいただきました。
でっかい満足です。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/320-dcb06b59